2014年の振り返り

まだ早いですが今年も後1週間を切りましたので、今年の英語についての勉強、成果の振り返りをします。

まず、2014年新年の抱負です。

いや出来てませんねぇ。

一番の変化は、外資に転職して、毎日英語を仕事で使う事になる事です。
英語の読み書き、会話が日常的に行われる環境に身を置いた事は、自分の英語力を磨くにはとてもいい事だと思います。
海外駐在もしましたが、日系企業では日本語が中心となるので、ここまで日常的に英語を使う事はありませんでした。また、留学もしましたが、その際も家では日本語だったのであくまで学校のみという環境でした。単身で大学
の寮に入るとまた違ったのかもしれませんが。

必要は発明の母というわけではありませんが、業務上必要というのは、英語の勉強のために英語を使う必要がなく、意思疎通する目的が明確であるので、そこに障害があるときにはなんとかしようと言う気になります。仕事なので、うまくいかないと支障があるのでそのところが大きいと思います。

それ以外に今年1年で勉強した事は次のとおりです。
Continue reading

例解 和文英訳教本(文法矯正編)

このところ、仕事で英語を使う以外はあまり英語の勉強らしき事をしていませんが、この和文英訳教本(文法矯正編)は、読んでいて文章を書く立場に立った観点での英文法の適用例が載っていて非常に参考になります。

特に、英語で表現する際に基本的な中学、高校の英文法の構文(700選)は分かっているんだけど、細かいニュアンスの違いや語順をかえる事でどう違ってくるのか、表現上留意すべき事は何か、ということがよくわかります。

今回は、テーマ7にある現在完了<結果>と過去形のところです。
Continue reading

正しい英文を書くために

仕事で英語使うようになり間もなく1年近くになります。

会話もまだまだなのですが、プレゼンでもない限り、その場限りですむ事と、
相手も社内の人であれば理解しようとしてくれるので、業務上非常に困るという事は
ありません。ただ、なかなかすらすらと言いたい事が言えないジレンマを感じます。

他方、英文を書く事はemailであっても資料であってもそのまま形が残るため、正しい英語を書かないと
書いてある内容以前に知的レベルを疑われる事となります。
スペルチェッカーがあるので、単語のスペルミスは直す事が出来ますが、特に英文法や語法についてNon-nativeであってもミスのない英語を書く必要があります。

欧州系の非英語圏の人のメールを読むと、きっちりとした英語で書かれており非常に読みやすいです。
Nativeではないので変に凝った言い回しやイディオムは使われておらず、単語的にも英検準1級程度なのですが、その内容はビジネス文書として平易で理解しやすい英語で書かれている一方で、ある程度の知的レベルを感じさせる文体となっています。

他方で自分はどうかというと、語法もさることながら、文法、特に時制や法、冠詞あたりがまだまだだと思っています。そこで改めてOutputの主に書く事を目的として英文法を勉強し直しています。

Continue reading

最近の英語学習について

しばらく仕事そのものに追われていて、ブログを更新する精神的なゆとりがありませんでした。今の英語学習の状況についてです。外資系(米国系ではない多国籍企業)で働き始めて半年を超えましたが、自分の英語力がどうなったかに書いておきます。

Continue reading