最近の英語学習について

しばらく仕事そのものに追われていて、ブログを更新する精神的なゆとりがありませんでした。今の英語学習の状況についてです。外資系(米国系ではない多国籍企業)で働き始めて半年を超えましたが、自分の英語力がどうなったかに書いておきます。

Continue reading

LASDの復習について

昨年の春頃から、英検一級対策としてボキャブラリー強化に努めており、まずは
究極の英単語SVL Vol.4を受験対策としてCDから単語を何度も眺めることにより、
1級合格となりました。

自分がちょうど強化したい部分にマッチしておりちょうど良かったと思います。

以前の記事はこちら
おすすめの本やアプリなど

Power Words 12000

それ以外にもいろんなボキャビル本をやりました。

Continue reading

外資本社での研修

先週は、本社で1ヶ月ほど研修に行っていました。

米系企業ではないので本社は欧州にあるのですが、働いている人は英米系の人だけではなく欧州、北南米、アジア、中近東とまさにグローバルな構成となっています。

研修ですが、ここで自分の英語力のなさを痛感するはめになりました。

Continue reading

新聞記事の割と忠実な訳出について

外資に転職してから毎日英語に接しており、少なくとも書類や海外の英字記事、e-mailを読む必要があり、業務にもよりますが、週に100頁くらいの文章は最低読んでいるのではないかと思います。

他方、資料作成やメールについては、完璧でなくてもある程度のレベルでなんとかなる。中身については日本語ではちゃんと分かっており表現したい事があるので、それを英語にしているということなので、英語がうまくなかったとしてもそれなりに実用に耐えるのですが、日本の新聞記事などをある程度正確(逐語完璧にするまでではないですが。)に訳す必要がある時に、そうしたものとの違いといくつか気づきを感じたので、書いておきたいと思います。

Continue reading