近況

このところ、全然更新をしていませんでした。
英語のための勉強についてはある程度一旦出来たところで今は外資で仕事として英語を使っていますが、この半年でどのような進歩があったかを報告しておきます。

1.Reading
-日々、メールや資料、英語の記事に目を通す事がありますが、日本語とは半々くらい。英検1級で学習したような高度な構文や複雑な言い回しではなく、業務に直結した資料やメールであるためにそれほど難解ではなく理解に苦労はしない。
-他方、英米のNativeが書いた新聞記事や、emailについては、Native独自の言い回しがあり、むしろNon-nativeな人の書いた英語の方が分かりやすいですが、業務上特に困る事はありません。

2.Writing
-emailのやり取りはさすがに慣れてきました。業務の連絡や内容なのである程度中身consciousで書けばよく、多少表現が稚拙であっても十分理解してもらえます。また、spell checkerもあり、書くにあたってはオンライン辞書で語句についても精査できるので、句動詞の言い回しや同じ意味の動詞でどんな言い回しにするのかを気をつけるときはありますが、資料作成に当たってもビジネスなので平易な言い回しでクリアに書くのでそんなに難しくはないかと思っています。
-他方、時々業務に関連する新聞記事や情報を英訳する事がありますがこれは元の日本語の構文がはっきりしていなかったり、専門的な語彙などでひっかかり、結構手間がかかりますが同じテーマのものについて訳しているとだんだん慣れてきます。

3.Listening
-映画とかは駄目ですが、業務上でのやり取り、会議、電話会議についても慣れてきました。聞き取る際にインド人や訛の強い人の英語の聞き取り、Nativeの凝った言い回しには苦労しますが業務上は支障ありません、ランチやディナーにおけるカジュアルな会話も以前よりは慣れてきてだいたい分かるようになりました。

4.Speaking
-言っている事がほぼ分かる一方で話をするのはまだまだです。一応言いたい事を相手に伝える事は出来るのですが、都度適切な言い回し、動詞や表現の選択ができていません。ましてや文法、発音についてはまだまだクリアとは到底言えない状況にあります。
-日によってはあまり英語で話をしない日もありますが出張とかで数日英語環境におかれると否が応でも話をせざるを得ず、そうした経験を積んで慣れては来ているものの、まだまだNon-nativeなヨーロッパの人とは全然比較にならず、楽に話せる状態にはなりません。
-もちろん、業務に関連する話については中身があることでもあり、伝えるべき内容もあるので相手は正しく理解してくれるのですが、これも表現や文法が適切でないときがあり言い直さないと通じない、ということもあります。前よりは楽に話が出来るようになってきましたが、周りの日本人を見ても様々である程度場数と経験なのかと思っています。まだまだ十分ではないのでここの進歩があればまた報告したいと思います。

仕事で英語を平均して半分程度使っている事もあり、最近家や電車では単語を覚えたり、文法、読み物を読んだりする事をしていません。一時期覚えていたLASDについても大部忘れてしまった気もするのでまた2016年になったら最初の半年位かけて復習したいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)