発信型英語 類語使い分けマップ

植田一三氏の「発信型 類語使い分けマップ」という本が本屋においてありました。
植田ファンの私としては、購入して一読しました。

これまでの英検1級ものとは異なり、使用頻度の高い基本、重要5000語水準の語彙や基本動詞の使い方にフォーカスした内容になっています。

発信型英語 類語使い分けマップ

前にも書きましたが、仕事で会話をしたり、英文を書く際には英検1級語彙は認識語彙として記事を読めれば十分であり、自身の会話やWritingで使うのはせいぜい英検準1級程度の語彙になります。

他方、この英検準1級程度の語彙と英文法についてちゃんとNativeレベル並に間違えないように使うのはとても難しいと感じていました。仕事なので、洋画や洋画ドラマのようにスラングや、句動詞や慣用表現を多用するというよりは、句動詞やイディオムについては英検でいうと2級、大学入試程度のレベル位しか使わず、余り凝った表現は使いません。
 むしろビジネス英語においては、多様な意味を持つ基本動詞よりは、その状況で意味がはっきりと決まっている動詞や名詞という定番表現を使い、誤解のない表現を選択します。

このため、こうした割と平易な基本的な単語についてそのニュアンス、コロケーションを踏まえた使い分けを自然にできるかどうかが、英文を書いていて問われる事になる訳です。

語彙とコロケーションについては英検1級の語彙についてはこの植田氏の本は割とコロケーション重視なのですが、この5000語レベルの単語についてここまで突っ込んだ使い分けを示している本は余りなく、とても役に立つのではないでしょうか。

プロローグにもかいてありますが、英語資格試験系に走る人はともすると難語に走りがちで、「基礎力UP」がおろそかになると、他方、英語圏で10年以上生活している高校生などは、難語は弱いものの、こうした基本語の使い分けが適切である、というように、この点が私の弱点でもありました。

この本の特徴は、例えば動詞で「与える」だと
 ノーベル賞が与えられるは be awarded the Novel Prize
環境に損害をあたえるだと    we will cause damage to the environment
 暴力シーンは子供に悪影響だと  Exposure to violence will have a negative impact on children

などの例が例題としてあげられています。その上で日本語の「与える」のもつ6つの方向性
 1)物や食べ物を人にあげる       give, have, feed
 2)権利行使として授ける、認める give, grant
 3)供与する、提供する supply, provide
 4)損害、被害などを及ぼす cause
 5)力などを加えて影響を及ぼす have, make
 6)割り当てる、課する assign
などのように日本語のニュアンスと英語のそれぞれの単語のニュアンスの広がりの違いが分かるような形で説明がなされています。

 本当は、語感、コロケーションが頭に入っているとこうした単語を見たときに識別できるはずなのですが、どうしても日本語の「与える」から発想すると日本語に引きずられて言いたいニュアンスに合う適切な英語、動詞を選ぶ事が難しくなりがちであり、こうした切り口の本は新鮮です。

 具体的な動詞の使い分けとして31、形容詞で18、名詞で15のグループのニュアンスの違いについての説明があります。基本的に英検1級を目指す人にとっては、英検準1級単語レベルなので知らない単語はほとんどないと思いますが、その使い分け、ニュアンスについてこうして並べて比較するとコンテラストがはっきりして印象に残ります。

 私も全体の半分程度を読み終えたところですが、いろいろ勉強になります。名詞については、そのニュアンスの違いはほぼ分かりましたが、これもこれまでにThe Economistを始めとする雑誌をずっと読んできた事と、LASDを始めとする辞書を通読したことによるところが大きいです。他方、動詞の選択はなかなか奥が深いので勉強になります。

 特に日本語を英語にする際の適切な動詞や表現の選択においてこの本を通読する事により、より適切にニュアンスを表現する事が出来るのではないかと思います。

 一旦、英検1級を取得して1年になりますが、英語についてはUnlearning Processの中で語彙、文法、Writing、Listening、SpeakingのRebalanceを行っているように思います。

 この辺りはまた改めて。

更新をTwitterで流しています。@StudyEiken1kyu

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)