再びLASDの復習

最近、仕事で英語を使っており家ではあまり気合いを入れて勉強をしていませんでした。

LASDについても途中で止まっていた事が気になったので細々とではありますが復習を再開しました。

Continue reading

発信型英語 類語使い分けマップ

植田一三氏の「発信型 類語使い分けマップ」という本が本屋においてありました。
植田ファンの私としては、購入して一読しました。

これまでの英検1級ものとは異なり、使用頻度の高い基本、重要5000語水準の語彙や基本動詞の使い方にフォーカスした内容になっています。

Continue reading

会話の中での関係代名詞を使えるようになると本物?

外資で働いている関係上、日本人がいるときには日本語で会話し、対外的なコミュニケーションは日本語ですが、社内で一人でも日本語が分からない人がいると英語で、メールの読み書き、資料作成等も日本人向けでない場合は英語が基本となります。

英語を聞く事については、日々英語に触っているのと仕事に関係のある内容の会話になりますから、ほぼ100%近く内容を理解する事ができます。聞いている限り、そんな難しい英単語や表現を使っている訳ではなくて本当に英検2級レベル、書き物系でも英検準1級レベルの語彙や表現で事足りる漢字で、英検1級の語彙についてはテクニカルタームを除けばビジネスの現場ではそれほど頻繁にお目にかかる語彙ではありません。

Continue reading

「英文法を撫でる」渡部昇一

図書館で渡部昇一氏の「英文法を撫でる」という本があったので借りて読んでみました。

上智大学出身である事は知っていたのですが本職が英文法の研究であることは知りませんでした。
英語の実用的な本では全くないですが、言語学としてみたときの英語の由来などが分かり面白いです。
Continue reading