実践 日本人の英語

最近、正しい英語を書く事に注意が向いています。

外資で仕事をして1年あまりになります。ヒアリングは、業務の話だし、Native Speakerばかりではないためにslangがほとんどなく綺麗な英語を使ってくれるので、そんなに困る事はありません。

読むのも仕事の話ですし、平易な英語なのでわからないといことはほとんどありません。

話すのは、まだまだですが、これはもう「壮大な慣れ」ということで即効性を期待する事は断念しました。とにかく、仕事に関する事なら多少言い方が分かりづらくても丁寧に話をする事でコミュニケーションに齟齬のないように努めています。流暢さも内容次第というところがあるのですが、日常の雑談よりもちゃんと説明したい内容があってそれを自分の頭の中で整理できている時には比較的スムーズに言葉が出てきます。それでも内容によってはうまく説明できない事もあり、これは日々の鍛錬あるのみですね。

Speakingのための音読なども過去はやりましたが、そうした基本構文を使いこなせる事を前提としてこうした状況で適切な表現を選んできて使えるか、ということの積み重ねのような気がしてきました。会話していると相手は平易な英語を使っているのですが、同じ事をしようとしてもなかなか気の利いた言い回しがでてこないです。分かるということは頭の中に表現がストックされているはずなのですが、使うとなるとまだまだです。

他方、書くのは残るものですし、幼稚な文章や文法的に間違っていると、「こいつ頭大丈夫か?」と疑われかねないので、日々の業務の中でも気をつけて取り組んでいるところです。

時制や冠詞の話はこれまでも書いてきた通りですが、日本人である限りどうしても母国語に引きずられてしまうところがあると思っていました。

今回、マーク・ピーターセン著の「実践 日本人の英語」を読んだのですが、大学生の英作文で間違えやすいポイントを指摘するという体裁で日本人が母国語、中高の英語教育で「洗脳されて?」犯しがちな誤文があげられており、大変参考になりましたので紹介したいと思います。

Continue reading