更新頻度について & ブログの効果

19日の英検1級の2次試験の結果発表で無事英検1級に合格し、まずは当初目的としていた英検1級に合格する事が出来ました。

TOEIC990という目標がまだありますが、毎回受けるとかもったいないので少し基礎トレーニングをして地力をあげつつ、その
チェックポイントとして定期的にTOEICを受ける感じかと思います。

7月から5ヶ月弱、日々の学習と勉強方法について一日2回出来る限り投稿するようにしてきましたが、一旦当初の目的を達成した事と、勉強の内容については一通りの事は出し尽くした間があるために、10時にアップしていた日々の学習履歴については、引き続き備忘録の観点もあり学習をした限りは更新していきますが、11時にアップしていた勉強の考え方、経験については少し頻度を落として週1、2回の頻度に落としたいと思います。英検という明確な目標が達成されて、次の目標が定まりきっていないので、いま焦点がぼやけている事も一員です。

引き続き継続的に投稿できる内容について考えつつ、少し頻度を落として続けていきたいと考えています。

ブログの効果
当初の目標として、
現在の目標
 1.英検1級合格
 2.TOEIC 990
 3.ペーパーバックが1週間で読破できる。
 4.洋画を字幕なしで80%理解できる
 5.認識語彙2万語以上

としていたところですが、

1.は達成
 2.は945で途上
 3.はまだ1ヶ月弱かかる
 4.はドラマで60-70%
 5.は15000語を超えた程度

になりました。

 ブログで自らコミットし、その進捗を記録していく事は、この記録自体は英語の勉強自体には直接寄与しないのですが、自分の記録としても、またこのブログを見ていてくれる方に、勉強方法の参考と、見ていてくれているという人がいる人が書き続けることの励みとなりました。

 英検1級についてはいろいろな方がブログを書かれていると思いますが、皆さんそれぞれ勉強方法を確立させていて私も英検1級の勉強にくじけそうになったときには励まされてきました。私の書いている内容がどこまでお役に立っているのかは分かりませんが、少なくとも毎日記録をつけてやるべき事を可視化していたことは、試験直前に不安になったときに、過去の自分のブログを振り返ることにより、自分の成長プロセスを見る事ができるという意味でも役に立ちました。

 よく、夢を実現するためには、目標を明確化し、それをスモールステップに分割して、マイルストーン毎に成功体験を積み上げていくこと、またその思いや取り組みを可視化することが実現に近づくモチベーションとそうした情報感度をあげてシンクロニシティをもたらす、ということが自己啓発本にはありますが、今回自身でブログを書いていて、書き続ける手間はありましたが、まさにその夢を実現するための仕組みとしてブログは役に立ったと思います。

まとめるとブログの以下の点は、本当はもっと評価されるべきなのだと思います。

 考えている事・やっている事を書くことで明確化・可視化
 それを実行していく習慣をつける
 対外的にコミットする
 記録が残る

 そういう意味で、英語に限らず勉強は地道な日々の積み重ねが大切なのだと思うのですが、読んでいる人がいる、いないにかかわらず、ブログで記録して情報発信していく事は意味があるなぁと感じています。

更新をTwitterで流しています。@StudyEiken1kyu

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)