英検2次対策 ーその3

お題に対して論理構成を短時間で行い、やおら話し始めることが、英検2次のスピーチでは必要ですが、この口頭英作文を強化するために、1)型を身に着ける、部分と、2)中身の表現を身につける、ところは訓練方法が少し違うのではないかと思います。

1)は、「どんどん話すための瞬間英作文トレーニング」のような、基本を身けるために中学校の構文を条件反射でしゃべるようにすることができるようになることが重要で、このご利益としては、
 Do he have… などといった瞬間に、口で「変だ。」と思えるようになり、Does he have..で、「そうそう」と感じられることだと思います。

どんどん話すための瞬間英作文トレーニング (CD BOOK)

2)については、素材は何でもいいのですが、傾向を考えると新聞やビジネス誌などの文章を厳密さを問わずにラフに英語に逐語訳できるか、というのが一つのトレーニングになるかと思います。日本語の記事は、論理構造が英語と違うので、それが直接的なスピーチ対策になるわけではありませんが、新聞記事で年金や医療の問題、消費税の話の解説部分は、妙に専門的な技術用語は適当に置き換えるとして、それをNativeの人に説明するとしたら、どんな感じにしゃべればいいかやってみると、その分野で使われる語彙と言い回しをマスターすることができると思います。
Continue reading