英検1級対策の評価ー語彙

まだ結果は出ていませんが、6月位から英検1級合格に向けていろいろ勉強をしてきました。

やってきた事はこれまで記載した通りですが、自分に取って効果、効能を整理しておきたいと思います。

まず、語彙からです。

今回、結局は20/25で、いまいちでしたが、単語については瞬殺で分かったのと間違えた問題についても単語を知らなかったのではなく、正しい選択肢を選ぶ事が出来なかったという精度の問題で、単語自体は前回と比べてかなりレベルアップした実感がありました。

効果が高いもの
1.究極の英単語 SVL Vol.4

今回、語彙についての漏れがなくなったのは、この究極の英単語をしつこく繰り返したおかげです。
9月、10月は、一日Level10,11,12のどれかを可能なときには音読、出来ないときには口パクで黙読と繰り返しました。

音源もアマゾンで買う事が出来るのでiphoneに落として聞く事も出来ます。私は数回聞きましたが、音源を聞くと長いと思いましたので、ひたすら本を見て音読していました。

2.過去問
 2007年第3回-2009年第2回、2010年第1回ー第3回、2012年第2回-2013年第1回の12回分が手元にあり、これについては数回繰り返し、正解以外の選択肢も覚えました。

3.パス単の熟語
 単語については、SVL Vol.4をやることによりほとんどカバーする事が出来ると思うので、私はざっと1,2周した位で単語はそんなに気合いを入れてやりませんでした。

 熟語については数が限られているのと、過去問をみても頻出なものがあったのでとりあえず300語ぐらいは覚えてしまおうと思って、10-20回は繰り返したと思います。幸い、今回は私に取ってはラッキーな事に熟語は全問正解となりました。

好みによる
Power Words 12000, 10000
 iPhoneアプリのPower Wordsです。元はSVLですので出てくる単語は同じですが、訳語が少ない気がします。アプリになっているので反復練習するのと綴りも含めて勉強する事ができます。また単語の発音、一単語ごとに例文があるのも良い点です。覚えられない単語は、black listにして繰り返し学習する事も出来るため、よく出来たアプリだと思います。

 残念ながら、私の場合は記憶力が低下したせいか、このアプリを1回回しただけでは定着せず、2回回した上でBlacklistに登録してひたすら繰り返すということを究極の英単語と合わせてヘビーローテーションかけました。それでようやくうろ覚えの単語を減らす事が出来ました。

 若い人ならば、このアプリをやるだけで記憶できてしまうのではないでしょうか?

英検1級から先をめざすなら
英英辞典の通読及び暗記。私は、LASDを使っていますが、未知語を抽出してリストとして使うのであれば、
 中上級者がぶつかる壁を破る英語学習最強プログラムにあるLongman Poket Handy Dictionary of American Englishでもいいと思います。

 LASDは、iPhoneアプリがあり、単語登録も簡単にできるようになっており、発音も確認できます。SVL Vol4.を覚えてしまうと、かなり新しく覚える単語が減るのでこれをこなすのも楽になります。実際、私も後半になるほど単語が定着してきて楽荷になりました。

過去記事です。
 中上級者がぶつかる壁を破る英語学習最強プログラム

覚えてしまうとどうなるか

英単語は覚えるまではすごく苦労しますが、一旦覚えてしまうとある程度の期間は忘れません。もちろん時々再現して思い出すことをする必要はありますが、未知語であるかないかはすぐに区別付きますし、一回覚えた単語は思い出すのも楽です。Paperbackやthe Economistを見ても前なら流していた単語が、実はこのレベルの単語である事が分かり、文章自体の解像度があがって読みやすくなったのを実感しました。

知らない単語が相当減るのでストレスが軽減しました。

ただ、ドラマや洋書は口語表現やイディオムがあるのでこれは別途勉強していく必要があります。

更新をTwitterで流しています。@StudyEiken1kyu

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)