AppleTV とHuluについて

昨日レンタルビデオの話を書きましたが、今度は日本の話です。

私は、AppleTVを持っていますが、AppleIDを持っていると映画をiTunesで購入するのと同じようにレンタルで見ることができます。ただ、まだツタヤなどで借りる方が安いのとタイトル数が少ないためにあまり利用してきませんでした。

この夏からHuluに加入してこれが大変便利です。ひと月980円でビデオが見放題です。

タイトルも海外ドラマ、映画を中心にかなりの数があります。ただ最新のタイトルはないという印象ですが、膨大な数があるのでこれだけでもしばらく楽しむことができます。

映画館、テレビ、レンタルビデオと違ってわざわざそのためのアクションが不要で、見たい時にオンデマンドで見ることができる点が便利です。

Huluがすごいのは、デバイスを問わないということです。iPhoneでも、iPadでもPCでもテレビ(特定の機種)、AppleTVで楽しむことができます。たとえば、家で映画をみていてそのまま外出するいつ用があるときには、iPhoneでその続きから再生することができるという素晴らしさ。

また、iPhoneでも英語字幕の切り替えが可能です。ドラマとかを追いかけている人は、これの日本語字幕と英語字幕を切り替えて勉強したら、月1000円足らずで語学勉強教材の素材としてはおつりがくるほどなのではないでしょうか。本当に便利な世の中になったものです。

ただ、おそろしいのはシリーズもののドラマがそろっているのと、レンタルビデオのように借りたり返す手間がないので、時間があると際限なく見てしまう恐れがあることでしょうか。またデバイス、場所を問わないためにちょっとした隙間時間に視聴するのが可能となっています。

子供向けのタイトルもありますのでこうしたものでリスニングの「量」をこなすのはありかもしれません。

これまでは動画のストリーミングはネットの回線、技術的な問題からなかなか実用に至っていなかったという感がありますが、Huluについては問題にならないレベルだと思います。ドラマ、映画を通じての語学の勉強のコンテンツとしては現在最強ではないかと思います。

更新をTwitterで流しています。@StudyEiken1kyu

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)