時事英語の単語帳

TIMEを購読し、CNNを視聴していたときには時事英語のボキャブラリーのなさを痛感していました。そのために勉強した単語帳が、以下のものです。

1)TIME基礎語彙1000完全攻略作戦

はじめにこの「TIME基礎語彙1000」というのを買ってきて通学電車の行きの中で繰り返し見て覚える事にしました。これは、ジャンル別のTIMEでよく出てくる時事英語の単語がリストされているもので、時事特有の英単語がまとまっていました。今はもうでていないようですね。

2)ニュース英語パワーボキャビル4000,3000+


次にやったのがこの本です。はじめからこの本をやってもかまわないと思います。

この本は、時事英語のよく出てくるテクニカルターム、動詞が分野ごとに整理されて出てきています。一般用語と異なって専門単語だと、言い回しが決まっていたり、特殊な意味がある事が多いのですが、逆にそれを覚えてしまえさえすれば単語から概念が一対一対応で分かるので記事やニュースの理解度が格段にあがります。

パワーボキャビル4000の方だと、ユニットが50に分かれており、10のジャンルがあります。

アマゾンの目次をつけておきます。
パワーボキャビル4000目次

I 政治
1 統治/Ruling
2 行政/Administration
3 議会/Assemblies
4 公職/Public Positions
5 選挙/Elections

II 国際関係
6 外交/Diplomacy
7 国際会議・条約/International Conferences & Treaties
8 国際危機/International Crisis

III 経済
9 景気/Economy
10 財政/Finance
11 金融機関/Financial Institutions
12 証券・株式市場/Stock & Bond Markets
13 外国為替市場/Foreign Exchange Market
14 貿易/Trade

IV ビジネス
15 経営/Management
16 雇用/Employment
17 税金/Taxes
18 郵政・保険/Postal Services & Insurance

V 軍事
19 安全保障/Security
20 兵器/Weapons
21 戦争/Wars
22 反体制運動・テロ/Antigovernment Moves & Terrorism

VI 司法・犯罪
23 裁判/Trials
24 犯罪/Crimes
25 金融犯罪・麻薬犯罪/Financial & Drug Crimes
26 性犯罪/Sexual Crimes
27 捜査/Investigations

VII 医学
28 医療制度/Medical Systems
29 医療従事者/Medical Professionals
30 医療/Treatments
31 人体・病気/Body & Diseases
32 がん・エイズ/Cancer & AIDS
33 外傷・アレルギー/Injury & Allergy
34 伝染病・中毒症/Epidemics & Poisoning
35 こころの病/Mental Diseases
36 臓器移植/Organ Transplants
37 生命倫理/Bioethics
38 医薬品/Medications

VIII 健康
39 フィットネス/Fitness
40 栄養素・成分/Nutriments
41 食品/Foods
42 喫煙/Smoking

IX 教育・科学技術
43 教育制度/Education System
44 教育機関/Educational Institutions
45 科学技術/Technology

X 環境・自然
46 環境問題/Environmental Issues
47 自然災害/Natural Disasters
48 気象/Climate & Weather
49 宇宙/Space
50 地理/Geography

3000+の目次もアマゾンからつけておきます。
こっちは6分野20ユニットになっています。
3000+の目次

はじめに
本書の特徴と活用法/Introduction

I 法・人権 ― Laws & Human Rights
Unit 1 法/Laws
Unit 2 人権/Human Rights
Unit 3 福祉/Welfare

II 経済 ― Economy
Unit 4 金融市場/Financial Market
Unit 5 経営/Management
Unit 6 農林水産/Agriculture, Forestry & Fisheries

III 国際情勢 ― World Affairs
Unit 7 国際機関/International Organizations
Unit 8 防衛/National Securities
Unit 9 武力行使/Military Actions

IV 社会 ― Society
Unit 10 メディア/Media
Unit 11 健康/Health
Unit 12 宗教/Religion
Unit 13 交通/Transportation
Unit 14 事故/Accidents
Unit 15 慣習・行事/Customs

V 余暇 ― Leisure
Unit 16 娯楽/Entertainment
Unit 17 芸能/Show Business
Unit 18 旅/Tourism

VI スポーツ ― Sports
Unit 19 スポーツ/Sports
Unit 20 試合・記録/Events & Records

資料 ――― Appendix
英語ニュースの頻出略語/Abbreviations
英語ニュースの頻出イディオム/Idioms

索引 ――― Index

CDも出ていたようです。


勉強法
CNNとTIMEを継続的に学習している事を前提とします。(英字新聞や他のニュースも同様です。)

  1. 関心のある分野の単語のユニットを学習
  2. 学習している分野の記事を意識的に読む
  3. 雑誌、ニュースの中で出てきた単語を再認識
  4. 再び単語帳で関連分野の単語を確認
  5. だんだん、関連分野を広げていき語彙を増やす(好みに応じて)

関連分野の単語が一かたまりで網羅されているので一旦こうした語彙を流し込んで記憶の片隅にとどめておくと、CNNやTIMEでは当然の事ながらそうした単語が頻出するので具体的な使われかたやニュアンスが身に付きます。これで核となる単語を頭に定着したら、派生語や関連する単語も同時に流し込み幅を広げます。しばらくこうした記事を追いかけてだいたい専門語彙でこの分野が押さえる事が出来たと思ったら次のジャンルをつぶしにいく、というのがいいかと思います。

時事英語の場合は語彙が増えるとあからさまに記事の理解度が増えるので、背景知識と語彙の力の方が純粋な英語力より大きいかもしれません。

私の場合は、時事英語でこうした語彙を増やして専門の文献などを英語で読む事ができるようになって満足していたために、8000万から2万語の英検1級レベルからその上の一般語彙や抽象的な動詞、形容詞の語彙力がないことを痛感したため、今、そうしたボキャビルに励んでいるところです。

時事英語の固い話は分かるんだけれども、映画やドラマやペーパーバックが聞こえない、分からない、というのが課題です。単語と口語表現が足りないので、そのインプットに励んでいるところです。

更新をTwitterで流しています。@StudyEiken1kyu

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)