これまでの語彙学習その3

こうして、40歳を過ぎてから本格的に英検1級語彙のマスターに励むことにしました。

学生時代のような記憶力は既に失われていました。仕方ないので、ひたすら繰り返し、文章の中で単語を再認識して記憶を定着させていくしかないと思いました。

学生の頃は、5,6回繰り返せば単語を覚えることができた気がするのですが、今は10回見て覚えたと思っても10日も経過すると忘れてしまうという状態です。単語が難しくて綴りが似ていて違う意味のものが多くて混乱するというのもあるのでしょうが、ざるで水をすくうような作業のように感じることもあります。繰り返し反復練習するとさすがにその何割かは記憶に定着していくのが分かったので、あきらめずに反復回数を増やすことにしました。

読むことと聞くことは本や雑誌を読む、ニュースや映画を見ることで継続しつつ、単語を覚える作業を通勤の電車の際に組み込むことにしました。単語の暗記は単純作業かつ集中力が必要なため、電車の中で取り組むのが一番よいと思っています。通勤が片道1時間位かかるので、行きに単語、帰りには読み物系として疲れていない限りは英語の勉強にあてることにしています。

覚え方は人によっていろいろあるかと思いますが、私の場合はだいたい200単語くらいのリストを反復して回すことにしています。30分で、丁寧にやると1回、既読のリスト回すだけなら2,3回回すイメージです。

いまは究極の英単語SVL Vol.4のLevel 11.とLevel12と英英辞書の通読を中心にやっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)