語彙増強

2011年に英検1級を受けたときには、語彙が13点と壊滅状態だったので、ボキャボラリービルディングをしようと思い、いくつかの単語帳を渡り歩いてきました。単語帳については、これから順次紹介していくことができればと思いますが、今、やっていることは以下の通りです。

  1. Longman Active Study English (第4版)の通読
  2. アルク SVL4 (10000-12000レベル)の学習

まず、1.ですが、有名なアンチバベルの塔というサイトが有り、ここでの考え方に沿って学習用の英英辞典を覚えようと思いました。単語帳については、英検準1級レベルのものは数多く有りますが、英検1級くらいから、決定版というものがなく、覚えてもすぐに忘れてしまう気がしているために、時間がかかってもよいので、まずは英英辞典の単語をすべて学習した、という実績を作りたいと思っています。

アンチバベルの塔では、知らない単語の単語カードを作成しそれを繰り返して暗記するというものが必須であるのですが、この部分についてはリストアップはしていますが、どうやって復習するかまだ決めていません。

現在、初めて2ヶ月をすぎたくらいなのですが、250頁まで行きました。この辞書自体は870頁ほどあるので、1/3弱を通読したことになります。私の場合、LASDの辞書自体を中古で入手して、辞書自体をばらして100頁単位にして持ち歩いています。iPhoneにもLASDのアプリを入れていて閲覧可能にしてあるのですが、紙で勉強した方が進んでいるのが分かるのと一覧性があるので通読するまではこのやり方で行こうと思っています。ばらした冊子が9冊分あるので、一巡したら、1冊子ずつ暗記するか、覚えていない単語をリストして単語帳を作るか、作業量を見つつ考えたいと思います。

2.のSVLについては、今SVL4をやっています。これは自分自身では7割位覚えているつもりなのですが、記憶が曖昧になっている単語はそのままだったりするので、一度完全に暗記しようと思い、今、同じくiPhoneアプリのPower Words 12000の11000、12000レベルのものを2周目を回しているところです。

10月の英検1級の試験に向けては、このSVL4の完全暗記とパス単1級の確認をしたいと思っています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)